スノーケリングって…?本格的に海中を楽しむならやはりダイビング。でも、お手軽なスノーケリングで、水面から美しい海中をのぞきながら泳ぐだけでも十分に楽しめます。スノーケリングは水中マスク・スノーケル・足ひれがあれば楽しめる、手軽で楽しいアクティビティー!更に、お子様でも簡単に楽しめるので、お友達同士やご家族みんなで素敵なハワイの思い出が作れますよ!
スノーケリングに必要なアイテムをご紹介
 
マスク
素材は、安価ですが熱などで変形しやすいビニール、そして少し高価ですが耐久性に優れフィット性抜群のシリコンなどがあります。大人用と子供用がありカラーも様々。ご購入時には必ず顔に当ててみましょう。
スノーケル
ズバリ!水が入ってこないドライスノーケルが絶対にオススメ!水中を覗く時はスノーケルの存在が大!値段や色も様々です。
 
フィン(足ひれ)
スイスイと水面を自由に移動するためには絶対に必要!軽く足をけるだけでグングンと進んでゆく威力は、楽しさを倍増します。
3点セット
大人用・子供用・専用バッグ付など、色々なセットがあります。素材は、安価ですが熱などで変形しや
 
グローブ
水の中では皮膚がふやけて、少しこすっただけでも怪我をしてしまいます。岩をつかんだりウニを触ったりして、思いがけない怪我をしないように、グローブも着用しましょう。
マリンシューズ
磯場で遊ぶ時は、足を切ってしまったりウニを踏んでしまったりします。ビーチサンダルではすぐに脱げてしまいますので、海に入って遊ぶ時には、怪我防止のためにマリンシューズを着用しましょう。
 
ラッシュガード
日焼け・クラゲ・擦り傷…海には怪我の要素がいくつもあります。そんな怪我から身を守るには、ラッシュガードがオススメ。そして意外と多い日焼けによるダメージ。女性やお子様には特にラッシュガードの着用をお勧めいたします。日差しが強いハワイでは、日焼け対策も万全で!
ウェットスーツ
日焼け・クラゲ・擦り傷…、そして浮力があるのでライフジャケットの代わりにもなるウェットスーツ。その他にも、ウェットスーツには保温性があるので、少し冷たい海で長時間遊んでいても大丈夫です。勿論、怪我や日焼けのの防止にもオススメです。
 
フローティングジャケット
泳ぎが苦手な方でも、これがあれば問題なし!プカプカ浮いていられるので、更に安全で楽しくスノーケリングを楽しんでいただけます。
防水バッグ・その他
カメラや携帯電話など、濡れてしまっては困る持ち物は、このドライバッグで解決。その反対に、スノーケリング用品や水着など、濡れたものを入れるためのメッシュバッグも便利です。

スノーケリング用品はこちらのページ